三井住友VISA iD

三井住友VISAカードのiDとは?どんなメリットがあるの?

 

 

三井住友VISAカードでは「iD」というチャージ不要の電子マネーが使えます。このサービスはどういったものなのか?また、どんなメリットがあるのか?などについて解説します。

 

 

そもそも三井住友VISAカードの「iD」とは?どんなメリットがある?

三井住友VISAカードのiDはチャージ不要の後払い式の電子マネーです。iDマークのあるお店でカードまたは携帯機器を読み取り機にかざすことで簡単に会計ができます。

 

支払い料金はクレジット料金として加算されます。メリットとしては

 

  • 会計がスムーズになること
  • ポイントが貯まること
  • クレジット払いができないお店でもiD払いができること

 

などがあります。

 

 

iDの利用で会計がスムーズに

 

現金やクレジットカードで払うよりも会計がスムーズになります。

 

現金の場合

現金を数える ⇒ 現金を渡す ⇒ 現金を確認する(店員) ⇒ おつりを数える(店員) ⇒ おつりを受け取る

 

iDの場合

iDを取り出す ⇒ iDをかざす ⇒ レシートを受け取る

 

 

こんな感じでスムーズになります。ちなみにクレジット払いの場合はカードを読み取る時間もあるので、やはりiD払いの方がスムーズです。

 

 

iDの利用でポイントが貯まる

 

iDを利用することでカード利用料金に加算されますので、その分のポイントが貯まります。

 

しかし、ここで「ポイントが貯まるならカード払いでも同じなんじゃ?」と思うかもしれません。実は次に説明するメリットがあるのでiD払いがお得になります。

 

 

クレジット払いができないお店でもiD払いができる

 

クレジット払いができないお店だと普通は現金で払いますよね。そうなるとクレジットポイント当然貯まりません。

 

しかし、クレジット払いができなくてもiD払いができるお店だったら…。そうなんです。ポイントを貯めることができるんです。例えば次なんかがそうです。

 

  • マクドナルド
  • すき家(一部の店舗に限る)
  • 自動販売機

 

これらはクレジット払いはできませんがiD払いはできます。iDを通すことで間接的にクレジットポイントを貯めることができます。

iDが使えるお店はこちらを参考にどうぞ。あなたの普段使っているお店が見つかるかもしれません。

 

 

 

三井住友VISAカードの「iD」は3種類があります。

専用カード

 

三井住友VISAカードとは別で専用カードとして発行します。

 

クレジット一体型

 

 

三井住友VISAカードにiD機能が付いた一体型のカードです。

 

携帯型

 

 

ドコモなどの「おサイフケータイ」に対応した機器と紐付けしてiDを使うタイプです。
ちなみにiPhone7やApple Watch Series 2でもiD機能が紐付けできるようになりました。

 

 

三井住友VISAカードの「iD」についての情報まとめ

年会費 無料
発行手数料 無料
ポイント還元率 カード利用分として合算して計算(カード利用1,000円で5ポイント)
iDの種類 専用カード、クレジット一体型、携帯型
申込み方法 ウェブからの申込み
iD対応カード(提携カードは除外)

三井住友VISAデビュープラスカード
三井住友VISAデビュープラスカード(学生)
三井住友VISAクラシックカード、クラシックカードA
三井住友VISAクラシックカード(学生)、クラシックカードA(学生)
三井住友VISAアミティエカード、アミティエカード(学生)
三井住友VISAエブリプラスカード
三井住友VISAエグゼクティブカード
三井住友VISAプライムゴールドカード
三井住友VISAゴールドカード
三井住友VISAプラチナカード