三井住友VISAクラシックカードA

三井住友VISAクラシックカードAの特典やメリットを徹底解説!

 

三井住友VISAクラシックカードAのカードスペックや特典などについて紹介します。通常のクラシックカードもありますが、内容が充実したクラシックカードAの方がおすすめです。その内容を紹介して行きます。

 

 

目次(クリックで各項目に飛びます)

 

 

三井住友VISAクラシックカードAの基本スペック

三井住友クラシックカードAの基本スペック

年会費

初年度

無料

2年目以降

条件付き無料

※通常1,500円+税、学生は卒業予定年まで250円+税

ポイント還元率

0.5%

保険

海外

傷害死亡・後遺障害

最高2,000万円(自動付帯300万円+利用付帯1,700万円)

傷害治療

100万円(自動付帯)

疾病治療

100万円(自動付帯)

損害賠償

2,500万円(自動付帯)

携行品損害

20万円(自動付帯)

救援者費用

150万円(自動付帯)

国内

傷害死亡・後遺障害

最高2,000万円(自動付帯300万円+利用付帯1,700万円)

ショッピング

100万円(1事故につき自己負担3,000円)

※リボ払いまたは3回以上の分割払いが条件

利用可能枠

10〜80万円(学生は10〜30万円)

申込み年齢

18歳以上

 

 

三井住友VISAクラシックカードAの特徴や特典

三井住友VISAクラシックカードAには以下の特徴や特典があります。

 

様々なポイントアップ特典

例えばポイントアップモール経由にて提携のネットショップで買い物をすると最大でポイントが20倍になります。

 

ポイントアップモール一例

 

また、街のポイント加盟店で事前エントリー&カード利用にてポイントがアップします。

 

街のポイント加盟店一例

 

 

顔写真入りのクレジットカードで安心

 

顔写真入りのカードが発行できるので不正利用防止に繋がります。また、ICチップ機能も搭載されていますし、カード利用時のサインも加われば強力なセキュリティになります。カード不正利用のリスクが最大限軽減されたカードです。

 

 

24時間365日不正利用をチェック

カードに不正な利用がないか24時間365日チェックしています。万が一不正利用があってもカードの紛失・盗難の届け出から60日前まで補償がされます。

 

 

海外で役立つVJデスク

観光地の情報案内、レストランやホテルの予約、カード紛失時のサポートなど海外で役立つ様々なサポートをVJデスクがしてくれます。

 

 

各種保険

最高2,500万円の海外旅行保険、最高2,000万円の国内旅行保険、100万円のショッピング保険など各種保険を取り揃えています。

 

 

各種カードの無料追加発行

家族カードやETCカードが無料で追加発行可能です。※ETCカードは年1回の利用がなければ年会費500円+税

 

 

宝塚公演の特別枠申込み

三井住友VISAカード会員だけの特別枠の宝塚公演申込みが可能です。

 

 

 

三井住友VISAクラシックカードAとクラシックカードの違い

大きく異なるのは年会費と保険内容です。

 

三井住友VISAクラシックカードAとクラシックカードのスペック比較

 

クラシックカードA

クラシックカード

年会費

初年度

無料

無料

2年目以降

条件付き無料

※通常1,500円+税、学生は卒業予定年まで250円+税

条件付き無料

※通常1,250円+税、学生は在学中無料

保険

海外

傷害死亡・後遺障害

最高2,000万円(自動付帯300万円+利用付帯1,700万円)

最高2,000万円(利用付帯)

傷害治療

100万円(自動付帯)

50万円(利用付帯)

疾病治療

100万円(自動付帯)

50万円(利用付帯)

損害賠償

2,500万円(自動付帯)

2,000万円(利用付帯)

携行品損害

20万円(自動付帯)

15万円(利用付帯)

救援者費用

150万円(自動付帯)

100万円(利用付帯)

国内

傷害死亡・後遺障害

最高2,000万円(自動付帯300万円+利用付帯1,700万円)

ショッピング

100万円(1事故につき自己負担3,000円)

※リボ払いまたは3回以上の分割払いが条件

 

保険内容が特に大きく違います。海外旅行保険についてはクラシックカードAの方が補償額が大きく、自動付帯が基本となっています。対するクラシックカードは全て利用付帯となっています。また、国内旅行保険が付いているのはクラシックカードAのみです。

 

こうした保険の違いがあるためクラシックカードAの方が年会費は若干高め。しかし、次に説明する年会費無料条件が適用されれば両カードとも年会費が無料になるので、結局のところ保険内容の優れたクラシックカードAの方が優秀なカードと言えます。

 

 

三井住友VISAクラシックカードの年会費無料条件

三井住友VISAクラシックカードとクラシックカードAでは

 

  • リボ払い設定
  • 年1回のカード利用

 

これらの条件を満たすことで年会費が無料になります。

 

2番目の条件の年1回のカード利用、これについては問題ないでしょう。しかし、問題は1番目のリボ払い設定かと思います。でもご安心を。リボ払いと言いましても実質一括払いと同じに設定は可能です。

 

例えば利用可能枠が50万円だった場合、

 

「利用可能枠50万円=リボ払い設定額50万円」

 

と設定してしまえば、設定上はリボ払いでも実質一括払いと同じになります。こうすることで簡単に年会費が無料になります。なので年会費が実質無料になれば保険内容が優れたクラシックカードAの方が優れているということになります。

 

 

まとめ:三井住友VISAクラシックカードAは年会費無料で持てる充実のカード

三井住友VISAクラシックカードAは海外・国内旅行保険が付き、他にも様々な特典が用意された充実のカードです。しかも年会費は実質無料で年会費無料の条件も簡単に達成可能です。

 

年会費が実質無料になるので通常のクラシックカードよりも特典が充実している分お得なカードです。年会費無料で充実のカードを手に入れてみてはいかがでしょうか?