三井住友VISA クラシック クラシックA

実はシンプル!三井住友VISAクラシックとクラシックAの違い

 

 

三井住友VISAクラシックカードにはクラシックカードAというもう一つのタイプのカードがあります。普通のクラッシックカードと何が違うのか?ということですが、以下の部分が違います。

 

  • 年会費
  • 保険内容

 

この2つだけです。

 

  • 年会費が安いのはクラシックカード
  • 保険内容が優れているのはクラシックカードA

 

となっています。しかし、年会費は両カードとも実質無料です。ということは保険内容が優れているクラシックカードAの方が優れたカードということになります(クラシックカードを発行する理由がなくなってしまいますが…)

 

では具体的に違いを見ていきましょう。

 

 

三井住友VISAクラッシックカードとクラシックカードAの年会費は実質無料

まず2枚のカードの年会費を比較します。

 

クラシックカードとクラシックカードAの年会費比較

 

クラシックカード

クラシックカードA

年会費

本会員

初年度

無料

無料

2年目以降

1,250円+税

※条件付で無料に

1,500円+税

※条件付で無料に

家族会員

(1人目)

初年度

無料

無料

2年目以降

400円+税

550円+税

家族会員

(2人目以降)

400円+税

550円+税

 

年会費はクラシックカードの方が本会員、家族会員ともに安いのですが、両カードともある条件を満たせば年会費が無料になります。その条件というのが

 

  • 支払い方法をリボ払いに設定する
  • 年に1回以上カードを利用する

 

の2つです。年に1回以上のカード利用は問題ないとして、リボ払いの方が問題ですよね。でも実はこのリボ払い、実質一括払いに設定することができます。

 

と言うのもリボ払いの設定金額はカード利用可能枠の上限に設定することができます。このように設定することで実質的に一括払いと同じになります。

 

これによって先程の年会費無料条件がクリアできるわけです。なのでクラッシックカードとクラシックカードAの年会費に差がなくなりました。こうなってくると次に説明する保険内容で優れているクラシックカードAの方がオススメということになります。

 

 

三井住友VISAクラッシックカードとクラシックカードAの保険内容を比較

2枚のカードの保険内容は以下の通りです。

 

クラシックカードとクラシックカードAの保険比較

 

クラシックカード

クラシックカードA

海外旅行

傷害死亡・後遺障害

合計

最高2,000万円

最高2,000万円

自動付帯

300万円

利用付帯

2,000万円

1,700万円

傷害治療

50万円

100万円

疾病治療

50万円

100万円

賠償責任

2,000万円

2,500万円

携行品損害

15万円

20万円

救援者費用

100万円

150万円

国内旅行

傷害死亡・後遺障害

合計

最高2,000万円

自動付帯

300万円

利用付帯

1,700万円

ショッピング保険(海外・国内)

100万円

100万円

 

まず大きな違いとしてクラシックカードAの方だけ国内旅行保険が付いています。次に海外旅行保険についてはクラシックカードにも付いていますが、クラシックカードAの方が補償金額が大きいのが分かります。

 

先程も言いましたが両カードとも年会費は実質的に無料なので、保険内容の優れているクラシックカードAの方が優れているのが分かります。

 

 

まとめ:発行するなら三井住友VISAクラシックカードAでOK!

2枚のカードを比較しましたが最終的に異なる部分は

 

  • 年会費
  • 保険内容

 

の2点だけです。そして、年会費については両カードとも実質的に無料です。保険内容はクラシックカードAの方が優れています。年会費がどちらも実質無料なら保険内容の優れたクラシックカードAを発行しない理由は無いですよね。

 

というわけでクラシックカードとクラシックカードAだったらクラシックカードAの発行をおすすめします。